新素材(先端複合材、硬質プラスチック発泡体、熱可塑プリプレグ等)の輸入、販売、加工成形

Tepex(テペックス)

連続繊維熱可塑材料 Tepex(テペックス)

「テペックス」は、カーボン繊維やガラス繊維に熱可塑性樹脂を完全含浸させた軽量かつ高強度のCFRTPやGFRTPのコンポジットシートで、ランクセスグループ傘下にあるドイツ、Bond Laminates(ボンドラミネーツ)社の製品です。欧米では自動車の構造部品として、フロントエンド、シートシェルなどに使用されるほか、航空機やスマートフォン、スポーツ用品、プロテクター、ヘルメットなどの量産品にも採用されています。

日本国内においても、2016年に自動車の量産構造部品として「テペックス」が採用されました。

tepex(テペックス)画像tepex(テペックス)画像
■材料の組み合わせ
樹脂 / 繊維 100
ガラス
200
カーボン
300
アラミド
400
ガラス/カーボン
PA66 101 201 301 401
PA6 102 202 302 402
PP 104
PA12 106 206 406
PPS 107 207 407
TPU 108 208 408

標準規格

幅:620mm 860mm 1250mm
厚み:0.25mm ~ 6.00mm
長さ:任意

ラインアップ

Tepex dynalite(ダイナライト)

tepex dynalite

  • 連続繊維熱可塑CFRTP, GFRTP
  • 高強度、高鋼性
  • 軽量化が必要な用途(自動車、航空機、スマートフォン、スポーツ用品、一般産業など)
  • ハイブリット成形

Tepex flowcore(フローコア)

tepex flowcore

  • 長繊維熱可塑GFRTP(30〜50mm)
  • 圧縮成形による、優れたコストパフォーマンス
  • Tepex dynaliteと組み合わせることにより高剛性とリブを付与することも可
  • プレス成形
  • GMTや射出成形より優れた機械的特性

Tepex anti-ballistic(アンチ・バリスティック)

tepex anti-ballistic

  • 連続繊維熱可塑GFRTP(アラミド)
  • 防弾性能、コスト、重量の面で優れています
  • 完全にオートメーション化されたシステムで成形可

Tepex optilite(オプティライト)

tepex optilite

既存の3製品に優れた意匠性を実現した構造用新規グレード

  • 難燃グレード有

特徴

  1. 60秒成形サイクル
  2. 優れた機械特性
  3. 部分補強可
  4. 溶着可
  5. リサイクル可
  6. 常温保存
  7. カスタマイズ可
  8. ハイブリッド成形

材料選択、試作成形、設備などお気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 058-389-4511 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 2015 Sunwa Trading Corporation. All Rights Reserved.